NEWSお知らせ

名古屋小児がん基金3周年記念イベント「守れ!!日本の小児がん医療」開催のお知らせ news

2019.4.19

来る6月8日(土)、名古屋市中区栄の中区役所地下ホールにて「守れ!!日本の小児がん医療」と題し、名古屋小児がん基金3周年記念イベントを開催いたします。

ゲストスピーカーには「貧困大国アメリカ」シリーズ、「沈みゆくアメリカ」、「日本が売られる」など数々の著作本を上梓、国際ジャーナリスト、ベストセラー作家として、講演会、TV、ラジオ、新聞、雑誌などで幅広くご活躍されている、堤未果氏を迎え講演いただきます。

総合司会は今回も矢野きよ実さんが務めてくださり、名古屋小児がん基金の3周年記念を盛り立ててくださいます。

たくさんのみなさまのご来場をお待ちしております。

【タイムスケジュール】(予定)

日時:2019年6月8日(土) 12:00開場 13:00開会

会場:中区役所ホール(愛知県名古屋市中区栄4-1-8)

13:00
 名古屋小児がん基金理事長、名古屋大学名誉教授 小島勢二「この一年の名古屋小児がん基金の活動報告」
13:10
 名古屋大学小児科 高橋義行教授 「CAR-T療法の開発状況」
13:30
 名古屋大学小児科 村松秀城講師 「ゲノム医療の現状」
13:50
 東京都立小児総合医療センター 松井基浩医師 「小児がん経験者・小児腫瘍科医としてできること」
14:20
 休憩(15分)
14:35
 小島勢二理事長 「高額医療に対するアカデミアからの処方箋」
15:00
 国際ジャーナリスト 堤未果さん 「逃げ切れ 日本の皆保険制度」
16:00
 対談 「日本の医療制度の危機!!」 堤未果さん、小島理事長、中日新聞編集委員 安藤明夫さん
16:30
 閉会の言葉  名古屋小児がん基金副理事長・ぷくぷくばるーん理事 大竹由美子

堤未果氏プロフィール

ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒業、ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科卒業。国連、アムネスティインターナショナルNY支局員、米国野村証券を経て現職。日米を行き来しながら取材、講演、メディア出演を続ける。多くの著書は海外でも翻訳されている。「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」で日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞。「ルポ・貧困大国アメリカ」(3部作)で新書大賞2009, 日本エッセイストクラブ賞。「沈みゆく大国アメリカ」(2部作)「政府はもう嘘をつけない」(2部作)「アメリカから〈自由〉が消える」「核大国ニッポン」他多数。

チラシ(表)のダウンロードはこちら 名古屋小児がん基金3周年記念イベント「守れ!!日本の小児がん医療」開催
チラシ(表)のダウンロードはこちら 名古屋小児がん基金3周年記念イベント「守れ!!日本の小児がん医療」開催



名古屋小児がん基金・ゴールドリボン
ゴールドリボンは
小児がんへの理解と支援のシンボルです
世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに
名古屋小児がん基金は、日本初の地域に根ざした小児がん研究・治療の支援団体として、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)小児科が中心となって発足しました。小児がん拠点病院である名大病院で日々進んでいる研究を、目の前の患者さんに活かせる仕組みづくりを進めています。

皆様からいただいた寄付金は、最新の診断方法や治療を小児がんの子どもたちに届けるために使われます。世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに届けるため、皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。
寄付する
トップへ
名古屋小児がん基金 NOW LOADING...