RESEARCH最新の研究内容

【CAR-T細胞療法の治験結果】日本造血細胞移植学会総会に参加して research

2019.4.19

CAR-T療法をめぐって

名古屋大学 名誉教授/名古屋小児がん基金 理事長
小島勢二
第41回日本造血細胞移植学会総会

 今回の学会では、ノバルテイスが行なった2つの国際共同治験について、日本国内の成績が治験参加施設から発表されました。また、海外におけるCAR-Tの研究の状況についても、招待演者から報告されました。

ノバルテイス:急性リンパ性白血病(ALL)に対する治験結果

 ノバルテイスは小児・若年成人に発症した再発/難治性ALLを対象に、25施設が参加する国際共同治験(ELIANA試験)を実施しました。日本では、京都大学小児科がこの治験に参加しました。9人の患者さんが、治験参加の適格性についてスクリーニングを受け、早期死亡した1人を除いて、8人が治験に参加しました。

 患者さんから採取されたリンパ球は米国に送られ、CAR-T製剤の製造を試みられましたが、2人については十分量が得られず、最終的に、6人がCAR-T製剤の投与を受けることができました。1人は効果判定前に早期に死亡し、1人は効果が認められませんでしたが、4人が寛解に至り生存中です。5人に副作用として、サイトカイン放出症候群(CRS)がみられましたが、インターロイキン6受容体抗体であるトシリツマブの投与で、コントロール可能でした。

ノバルテイス:びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)に対する治験結果

 ノバルテイスは成人再発/難治性DLBCLを対象に国際共同治験(JULIET試験)を実施しましたが、日本からは国立がん研究センター、北海道大学、九州大学の3施設が参加しました。17人が治験に参加しましたが、6人が病気の進行のため、2人はCAR-T細胞が十分に培養できなかったため投与できず、最終的に9人にCAR-T療法を受けることができました。

 全期間を通じて、5人に完全反応(CR)、2人に部分反応(PR)がみられ、全反応率は7/9(78%)でした。PRの2人は早期に再発死亡しましたが、1年以上の経過観察ができている患者さんを含め、CRの5人は生存しています。CRSを発症した6人のうち、grade3の2人は、トシリツマブが投与されました。

海外演者の報告

 米国ベイラー医科大学は、CAR-T研究の分野では、世界のトップランナーです。信州大学小児科の中沢教授や名古屋大学の西尾先生もベイラー大学への留学経験があり、その研究成果を持ち帰って、両大学でCAR-T療法の研究を進めています。今回は、ベイラー大学から招待されたBrenner教授、Rooney教授から、新しいCAR-T製剤の開発状況が発表されました。

神経芽腫や骨肉腫を対象としたGD2.CAR-Tの開発

 Rooney教授は、神経芽腫や骨肉腫を対象に、GD2.CAR-Tの開発に取り組んでいます。体内でCAR-Tの増殖を促進するために、水痘特異的細胞傷害性T細胞を用いてGD2.CAR-Tを作成し、GD2.CAR-Tを投与後に水痘ワクチンを接種することで、体内でCAR-T細胞を増殖させ、抗腫瘍効果の増強を図っています

 また、CAR-T細胞にインターロイキン7(IL-7)受容体遺伝子を導入し、持続的に活性化IL-7を発現させることで、サイトカインによる刺激を受けることなく、持続的に増殖可能なCAR-Tの作成に取り組んでいます。

再発ホジキンリンパ腫を対象にしたCD30.CAR-Tの臨床試験の結果

 Brenner教授は24人の再発ホジキンリンパ腫を対象にしたCD30.CAR-Tの臨床試験の結果を報告しました。16/24(66%)がCRに至り、1年無病生存率は45%でした。再発例において、CD30抗原の消失はみられませんでした。CRSは評価可能な6/16(38%)に観察されました。また、T細胞性リンパ性白血病(T-ALL)を対象に、CD5.CAR-Tの開発にも取り組んでいます。

難治性神経芽腫を対象にGD2.CAR-Tの臨床試験を開始

 イタリア、ローマ大学のAlgeri先生は、T細胞除去を用いたハプロ移植の成績を講演されましたが、懇親会の場で、CAR-T療法について情報交換をすることができました。ローマにおいても、企業のCAR-T製剤ではなく、自施設で開発した製剤を用いています。特徴的なことは、安全装置としてCAR-Tにカスパーゼ9による自殺遺伝子を導入した製剤を用いていることです。CAR-Tの働きが強すぎる場合には、自殺遺伝子を作動させ体内からCAR-Tを除去することができます。すでに、難治性神経芽腫を対象にGD2.CAR-Tの臨床試験を開始しており、有望な結果が得られているようです。 左から名古屋大学小児科 高橋教授、ローマ大学 Algeri先生、名古屋大学 小島名誉教授
左から名古屋大学小児科 高橋教授、ローマ大学 Algeri先生、名古屋大学 小島名誉教授

 ノバルテイスの治験では、日本で採取したリンパ球を米国に送り、米国の工場でCAR-T製剤を製造後、再び日本に空輸し、患者さんに投与するまでに、6~8週間必要としています。再発/難治例では、この間の腫瘍のコントロールができずに治療の時期を逸することが、解決すべき課題と思われます。名古屋大学から紹介して中国でCAR-T治療を受けた4人は、いずれの患者さんも、リンパ球を採取した翌週にはCAR-Tの投与が可能でした。

 海外では、固形腫瘍を含めCAR-Tの臨床研究が始まっており、研究の進歩に追いつくには、アカデミアによる臨床研究は欠かせないと思われます。




名古屋小児がん基金・ゴールドリボン
ゴールドリボンは
小児がんへの理解と支援のシンボルです
世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに
名古屋小児がん基金は、日本初の地域に根ざした小児がん研究・治療の支援団体として、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)小児科が中心となって発足しました。小児がん拠点病院である名大病院で日々進んでいる研究を、目の前の患者さんに活かせる仕組みづくりを進めています。

皆様からいただいた寄付金は、最新の診断方法や治療を小児がんの子どもたちに届けるために使われます。世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに届けるため、皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。
寄付する
トップへ
名古屋小児がん基金 NOW LOADING...