ACTIVITIES基金の活動報告

豊田シニアライオンズクラブによる募金活動 activities

2022.9.29

豊田シニアライオンズクラブによる募金活動

豊田シニアライオンズクラブは、毎年、愛知県赤十字血液センターの献血会場でのサポートをしています。そして、名古屋小児がん基金結成時からずっと、献血会場での小児がんの広報と募金活動もしていただいております。

2022年も9月18日(日)イオンスタイル豊田の駐車場の献血バスの隣で、当基金の募金活動をしていただきました。

台風の影響で、どうなることかと心配しておりましたが、午前中に30分ほど雨は降りましたが、午後は暑いくらいの秋晴れでした。

豊田シニアライオンズクラブ会員さんの手作りの竹とんぼを並べて、募金していただいた方に、プレゼントしました。

豊田シニアライオンズクラブによる募金活動

また、定例会で、長年のご協力に感謝して、当基金理事から、感謝状を贈呈いたしました。そこに参加されていた他のライオンズクラブの役員の方から、「うちでも献血活動の横に、募金箱を置きましょう」という嬉しいお申し出がありました。

豊田シニアライオンズクラブ様のご支援、広報活動に感謝いたします。

豊田シニアライオンズクラブによる募金活動 豊田シニアライオンズクラブによる募金活動



名古屋小児がん基金・ゴールドリボン
ゴールドリボンは
小児がんへの理解と支援のシンボルです
世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに
名古屋小児がん基金は、日本初の地域に根ざした小児がん研究・治療の支援団体として、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)小児科が中心となって発足しました。小児がん拠点病院である名大病院で日々進んでいる研究を、目の前の患者さんに活かせる仕組みづくりを進めています。

皆様からいただいた寄付金は、最新の診断方法や治療を小児がんの子どもたちに届けるために使われます。世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに届けるため、皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。
寄付する
トップへ
名古屋小児がん基金 NOW LOADING...