ACTIVITIES基金の活動報告

名古屋小児がん基金ニュースレター vol.3 activities

2021.1.7

いつもご支援ありがとうございます。2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響でいろいろな活動が制限されましたが、1月から12月までに、延べ600件のご寄付をいただきました。おひとりおひとりの温かなお気持ちがとても嬉しく、感謝申し上げます。

さて、ニュースレター3号を登録支援者の方に発送いたしました。より多くに方にご覧いただけるよう、ホームページでも公開いたしましたので、ぜひご覧ください。

vol.3(2020.12発行)



名古屋小児がん基金・ゴールドリボン
ゴールドリボンは
小児がんへの理解と支援のシンボルです
世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに
名古屋小児がん基金は、日本初の地域に根ざした小児がん研究・治療の支援団体として、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)小児科が中心となって発足しました。小児がん拠点病院である名大病院で日々進んでいる研究を、目の前の患者さんに活かせる仕組みづくりを進めています。

皆様からいただいた寄付金は、最新の診断方法や治療を小児がんの子どもたちに届けるために使われます。世界最高レベルの医療をすべての子どもたちに届けるため、皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。
寄付する
トップへ
名古屋小児がん基金 NOW LOADING...